中国語勉強

【中国語勉強】何からいいかを説明

中国語勉強何からよいのか、

中国語を勉強したいというきっかけが何度もあった、と思う方が多いでしょう。

国際交流イベントに参加して、となりの日本人は流暢な中国語で中国人としゃべる様子を見て、羨ましいなとか、

会社はこれから中国に進出する予定、将来中国出張のチャンスがあるかもしれない、前もって中国語能力を身に着けたらいいなとか、

一ヶ月後中国赴任に行く予定で、中国語を学ばなきゃ、でもゼロから始まり、何から勉強すればいいのか、わからないことあると思います。

今日中国語勉強何からよいのかを説明します。

 

中国語を勉強するなら、声調からいいです。

 

よし、中国語を学ぶことを決めました。基本の基本をまずしっかり身につけましょう。それは間違いなく声調です。

 

私の中国語教師経験から分かったことです。なぜかというと、中国語の中で、pinyinが同じでも、声調の違いで、意味がぜんぜん違う場合結構あります。

声調を身に着けたら、後の勉強がより楽しくなれるでしょう。

 

例えば、日本語だと、依頼以来ありますね。両方とも‘イライ’との発音ですが、音調が違いますね。依頼は0型、以来は1型です。

中国語の中に、の漢字あります。の声調は1声、の声調は2声になります。

レストランでそれを間違えたら、ぜんぜん違うものが来るでしょう。

日本語のように、◯型あります、中国語は4声で表示します。

 

最初4声を学ばなくても、追って勉強しても問題なく直せる方もいるとおもいますが、私教師としての経験から見ると、追って確認するのに結構苦労する可能性が高くなります。

 

基本の基本を最初から身につけましょう。中国語を勉強するなら、まず4声から始まりましょう。

 

声調を勉強する前に、どのレベルの語学力目標を決める

 

声調を勉強する前に、どのレベルの語学力を身に着けたいか目標を決めたほうが良い。

 

そもそも中国語を学びたいってきっかけはなにかを忘れず、自分自身の状況から、最終的、または短期的にどのレベルに達成したいかをはっきりしたほうが勉強続けられやすいでしょう。

 

例えば、

イベントの時中国人の友達と会話できる程度、

ビジネス用語まで身につけたいとか、

将来中国に移住したいとか

そういうはっきりした目標があれば、モチベーションがいじしやすいね。無理せず、一定の難しさで、努力すれば達成できる目標を設定してください。

 

もちろん、学びながら目標を探したりすることもあり、最初決めたほうは時間無駄にならないと思います。

 

中国語勉強を何からことを分かっても、まず、どのレベルの語学力を身に着けたいかを決めたほうが良いでしょう。

 

母音と子音を学ぶ

 

声調のあと、母音と子音を学びましょう。目標達成したら、自分自身努力したことの証拠になるんです。

 

中国語を実際に話せるために、ただ4声だけじゃ足りないですね、後、母音と子音を学んで、短期的、pinyinを見れば、すぐ正しく発音することを目標にしましょう。それだけで、単語無制限積み重ねていけます。

 

例えば、

拜访bài fǎng

拜年bài nián

拜托 bài tuō

颁发bān fā

斑 bān

版本bǎn běn

伴随bàn suí

 


私の考えは、中国語を勉強するなら、このように、声調、母音と子音から始まりましょう。

 

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注