中国語勉強

中国語勉強難しいと思う方必見、HSKから確実にレベルアップできる

中国語勉強をはじめた後、あれ、難しそうになる、どうする?
なんとなくむずかしいと感じ、最後まで続けるか?
モチベーションが減りつつ

 

たしかに、中国語レベル高ければ高いほど難しくなります

長期的なら、根気強く、困難を乗り越える続く勇気がいります。

声調、漢字、単語、文法、会話、読解などいろいろとむずかしいかもしれないです。

しかし、レベルなりで進めていけば、どんどん成長感できていく。

たとえば、中国語の簡単会話程度なら、だれでもできる。

簡単会話を初級レベルとしたら、

中級と高級はどんな感じなのか、

これからHSK(Hanyu Shuiping Kaoshi)を通して実感していきましょう。

 

結論から言うと、HSK教科書の内容のを上手に使えば、レベルアップできる、とあたし断言します。

 

 

なぜHSK教科書を選ぶか、理由は下記のとおりです。

 

  • 中国が開発した試験、内容の信頼性が高い
  • 1-6レベルの中に、具体なレベル内容を羅列している
  • 会話、聴解、読解まで内容が整備している
  • 進学とキャリアアップに繋がる

 

 

中国が開発した試験、内容の信頼性が高い

 

1991年から試験を始めてからすでに30年ぐらいの歴史があり、試験の内容も専門家によって結構時間をかけて設置したんです。
また、外国人だけではなく、国内の少数民族と海外華僑にもむけています。
信頼性が高いでしょうか。

 

 

中国語勉強1級から6級まで具体レベルづけ、自分がどのレベルに位置しているかわかりやすい

 

HSK1級を例にすると、目的は下記の通り

1.挨拶
2.かんたんな自己紹介(名前、年齢、住所、趣味など)。
3.感謝、謝り
4.数量
5.時間(分、时、曜日、日、月、年等)。
6.かんたんな表現(天気、方向、大小、多少等)。
7.質問するとかんたんな回答(買い物、交通等)。
8.簡単な要求を理解する(勉強、仕事等)。
9.感情の表現。

 

 

HSKウェブサイトはこちら

 

 

ちなみに、単語量は下記のとおりです。

HSK(六级) 5000 
HSK(五级) 2500
HSK(四级) 1200 
HSK(三级) 600 
HSK(二级) 300 
HSK(一级) 150

 

 

中国語勉強の会話、聴解、読解まで内容が整備している

 

内容的からみると、レベルなりの要求がはっきり表示され、ゲームアップグレードの感じで進めていけば、いい感じ。

私自身は日中英三ヶ国語を身につけ、語学経験からみると、漢字、単語と文法をわかったうえで、応用になれるまでの工夫できれば、レベルアップは目でみえます。

 

 

中国への留学やビジネスの場合、キャリアアップにさらにプラスになる

 

せっかく当時モチベーション出てきたので、HSKのレベルを基づき、勉強続け見た後、達成感がでると思います。

特に独学するなら、躊躇しやすいね、だれから励ましてくれたらいいなと思う方もいるでしょう。

このメリットでモチベーションを続けましょう。

 


とことで、HSKを使いますが、必ずしも受験するはないです。
HSKという方法でレベルアップ、中国語勉強への躊躇感を減少できるでしょう。

 

なので、中国語のレベル標準を分かったうえで、自分なりの目標ためにコツコツと頑張りましょう。

Tagged

发表评论

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注